ヒューマンアカデミー 那覇校

  • スクール
  • コース
  • 講師紹介
  • 卒業生の声
  • フォトアルバム
  • MAP
  • よくある質問

内田裕生 講師

内田裕生 講師 (担当:Webデザイナー)

経歴

うちだ さちお
有限会社デザインフリート代表取締役・ディレクター、デザイナー。DTP制作会社、雑誌出版社編集部を経て、’99年に独立。グラフィック、Webデザインに加えて、デザイン教育のカリキュラムや教材開発、インストラクションを積極的に行う。

コメント

Webにかかわる仕事は種類も多く、その中でのステップアップや、独立など働き方の選択肢もあります。仕事の中身は見た目のイメージとは違い、地道な作業も多いのが現実です。また技術の進歩が早いので、知識や情報がすぐに古くなってしまうこともあります。そんな時、「せっかく覚えたのに…」ではなく、新しいものをどんどん吸収していこうという姿勢を保てることが求められるのです。まずはご自分の適性や目標を見極めてください。


神野 秀美講師

神野 秀美講師 (担当:DTP/グラフィックデザイナー)

経歴

じんの ひでみ
結婚・出産後、「自宅でできる仕事を」と、イラストレーターとしての仕事をはじめる。その後、映画やドラマの小道具(ポスター、ホームページなど)の作成、さらに、教育ビデオ、アニメのキャラクターデザイン、企画、脚本、CGを担当。DTP、デザイン講師、日本アニメーションのイラスト制作に携わるなど、活躍の場は多岐にわたる。

コメント

求められているのは、オペレーションがしっかりしている人、そして、+αデザインルールをわかっている人です。まずは基本のアプリケーションをしっかり覚え、習得してください。本を1冊読んだら、できる気になりそうですが、絶対にそんなことはありません。
 IllustratorやPhotoshopは、WebでもDTPでもイラストだけ描く人も使い、使用法もさまざま。InDesignはこれらを組み合わせ、連携して使うので、すべてを一気に覚える必要があります。すでに使っている人にも勉強してもらいたいですね。


森岡浩美講師

森岡浩美講師 (担当:医療事務講座)

経歴

もりおか ひろみ
医療機関顧問・アドバイザー。1996年より医療機関で診療報酬請求の仕事に携わる。ヒューマンアカデミーほか医療系専門学校にて講師を務めるほか、日本ではじめてインターネットでの医療事務講師を務める。著書に『診療報酬請求事務能力認定試験合格テキスト&問題集2005年度版・2006年度版・2007年度版』(日本能率協会マネジメントセンター=刊)がある。

コメント

チーム医療の時代では診療部門と事務部門の連携が必須です。医療事務というのは、いわば病院内の会計士みたいなもの。ですから、求められるのは責任感があり、コミュニケーションのとれる人材です。そして今、医療事務で注目されているのが「診療報酬請求事務能力認定試験」です。たしかに難しい試験ですが、ヒューマンアカデミーには合格に導く先生とスタッフがいます。
 医療機関はドクター、看護師、管理栄養士ほか、医療のプロフェッショナルが集まるところ。自分が勉強した分、まわりの人は尊敬してくれます。「この人に聞けばわかる」という人になるのは快感ですよ。